ないものはない!
お買い物なら楽天市場
Click Here!
Click Here! Click Here!
ないものはない!
お買い物なら楽天市場
Click Here!
Click Here! Click Here!
☆てご☆的 おでかけレポート
よいたんぼな私が健康的になんと山へ登ってきました。(^_^)v
岩国市馬糞ヶ岳登山(秘密尾登山口は周南市、山頂は岩国市のようです。)  2007年4月21日
 今回は秘密尾登山口からアプローチしました。(舗装された広い林道で高度が稼げるので・・・しかし、もったいない林道です。)
 秘密尾登山口へは(→大まかな位置関係がわかる地図
  周南市方面からは鹿野まで国道315号線を北上し、県道9号線へ入るか、鹿野診療所から東へ折れてトンネルを抜けて小さな峠を越えると
  秘密尾への道に突き当たります。左(東)へ曲がると後は道なりです。
  岩国市広瀬方面からは須金から金峰〜鹿野へ抜ける県道9号線を北上、鹿野直前に秘密尾への分岐が有ります。後は道なりでOK。
  ※要注意!須金〜鹿野までの間は日曜以外は採石場からの大型ダンプと出会います。道が細いので離合場所を確認しながら走行しましょう。
  ※須金から金峰へ抜ける道の途中に奥畑から秘密尾への道が有ります。舗装路ですが軽自動車同士でも離合出来ない位細く、延々と蛇行
    していますので時間的にもですが、精神的にかなり遠いです。
 尚、一部の写真は下見に行った時のものです。


これは事前に須金の観光農園から撮影した馬糞ヶ岳です。なで肩?故あまり高そうには見えませんか?
結構高い山なのですが、国道県道沿いではこうして山の全景が見える場所は殆どありません。
秋、梨狩りに行く機会が有ればこの姿を見るチャンスです。この場所は・・・→MAP

馬糞ヶ岳
標高:985m


名前はその形からか・・・
平家の落人が敗走中にここで小休止し
その馬の糞が沢山残った事からとか・・・

鹿野から秘密尾へ抜ける道からの
馬糞ヶ岳遠景(下見の一枚)
この角度が一番雄大に見える?
アプローチルート

今回は秘密尾からです。
その他
長野山からの縦走ルート
平瀬から島の谷ルート
等々いくつかのルートが有るそうです。
秘密尾登山口入口
林道脇に駐車して準備中。
先客の軽トラックの後です。
午前10:00
秘密尾登山口入口出発です。
午前10:15
札ヶ峠道標道標
「ひろせ」「すま」の字が読み取れます。
昔の人はこの尾根道を
行き来していたのですね。
道標札ヶ峠道標
「弘化三年」「丙午」と記してあります。
1846年江戸時代末期ですね。
う〜〜んペンキが・・・(▼▼)
午前10:33
急斜面が続き、休憩中。
へばってます。
あ、これは私では有りません。
私?はもっとへばってました。
さして急に見えない?
これが、結構急なんですよね。
下りる時に感心します。
「こんなとこ良く登ったなぁ・・・」
 この後、下山中の親子らしき二人連れと遭遇。(多分軽トラックの先客です。)
 「こんにちは^^もうちょっとですか?」
 「いや、まだだいぶ・・・」
 疲労度が質問に出ていますが、
 だいぶの後の「・・・」の意味は?
 そう、まだまだだったのです。
 体感的疲労度からはもう9合目ぐらいだったんですが・・・(−_−;)
午前11:11
更に30分程度登りました。
右手に大きな岩が見えます。
尾根道の明るさからもうすぐ?と
思ったんですが・・・
午前11:23
長野山への縦走路との分岐点です。
下調べではあと5〜10分で山頂です。
午前11:31
山頂に到着しました。
下見の時に出会ったおじさんは
「1時間ちょっとだよ」って言ってましたが。
我々は・・・1時間半かかりました。f(^ー^;
山頂にて昼食です。
こんな時は何故かカップヌードルが
うまい!
エリア外のはずですが、
DoCoMoのMovaはアンテナ3本でした。
山頂は南東方向以外は立木が多く
視界が開けていません。
こっちは鹿野方面?長野山方面?
南東方向はかなり絶景?です。
白いのは多分平瀬ダム関係道の法面?
生憎の曇り空で遠くは霞んでいますが
奥に連なる山は・・・
物見ヶ岳?
最後は立木にデジカメを固定して
二人で記念撮影!
やや斜めなところが愛嬌です。
※この後、下山に約1時間かかりました。メタボリックな私にはかなりきつい山行でした。きっと明後日来るんだよねぇ・・・筋肉痛は(^◇^;)